野球 筋線維タイプ

どの筋線維タイプだろうが野球には関係ない

野球は攻撃と守備が1回ごとに変わっていくスポーツである。

 

攻撃の時には打つ、守備の時には投げる、ボールをキャッチするといった運動を要求される。

 

また、非常に高い戦略性・ゲーム性がある事から頭脳プレーが生かしやすいスポーツでもある。

 

では何故、野球は筋線維関係無く皆が活躍できるスポーツなのか?を解説していく。

 

攻撃時

打者別理想の筋線維タイプ

  1. 1番=足の速さが要求されることからも瞬発力のあるRR型を配置するのが望ましいと言える。
  2. 2番=こちらも1番打者に次いで足が速い事が要求されるためRRorRX型を配置したい。
  3. 3番=スピード、パワー、技術など総合力が問われる。RX型が良い。
  4. 4番=長打力、爆発的なパワーが要求される為RR型を置きたい。
  5. 5番=4番に次ぐパワーヒッターが欲しいのでRRorRXが良い。
  6. 6番=5番のように総合力が問われるがそこまで重要視されない為スタミナ重視のXX型でも可能。
  7. 7番=走力重視と言われているためRR型がほしいところだがRXでも大丈夫そうだ。
  8. 8番=こちらも5番6番同様に総合力とは言われているが4時間という長いプレー時間を考慮して、スタミナのある選手を置きたい。よってXX型。
  9. 9番=セリーグでは投手が9番打者になる。投手はスタミナが命、よってXX型

 

攻撃時にはできるだけパワー重視にホームランを狙っていきたいが9回裏までの長いプレー時間を考えるとやっぱりスタミナも重要だという事が分かる。
配分を考えながら配置していくことも必要なのだ。

 

守備時

  1. ポジション別
  2. ピッチャー=先発投手にはスタミナが重要。XX型が欲しい。
  3. キャッチャー=肩の良さと総合力が欲しい。RX型が良い。
  4. ファースト=スタミナが少なくても大丈夫なポジションであることからRRが良い。
  5. セカンド=頭脳プレーを期待したい。XX型でOK
  6. サード=総合力が問われる。RX型が望ましい。
  7. ショート=機動力よってRR型
  8. レフト=守備範囲つまり走力が欲しいのでRR型
  9. ライト=レフトと同様の理由
  10. センター=同上

 

守りの時は機動力、スタミナ満遍なく欲しい。特に投手のスタミナは守りの命綱である為、XX型のスタミナを拝借したいところである。

 

野球と筋線維まとめ

どうだろうか?

 

瞬発型、バランス型、スタミナ型問わず万人が活躍でき、かつ高い戦略性スポーツ「野球」

 

そういう特性があってか?

 

知ってか知らぬか野球は日本でも非常に人気の高いスポーツである。

 

現に日本人選手のメジャーリーグでの活躍、WBC優勝を飾るなどと世界でも日本人の野球のレベルは非常に高いと言われている。

 

これまでも今後も野球は根強いファンの絶えないスポーツであり続ける事は間違い無い。

 

日本人の筋線維タイプ割合から見ても

RR型(瞬発タイプ)2割:バランス型(万能タイプ)6割:XX型(持久タイプ)2割とある。
基本的にはRX型が向いていると言われている野球だがその他のタイプでも十分に活躍可能であることがお分かり頂けただろう。