マイコードで男性ホルモンのテストステロン値を調べよう

マイコード遺伝子検査で自分の体質を知り、スポーツに役立てよう

この、テストステロンの多い人は筋骨隆々で体格が良く、運動能力や瞬間的な判断力に優れ、競技のパフォーマンスでも優秀な成績を残せます。

 

テストステロンは男性ホルモンなので当然男性に多く分泌されるホルモンなのですが一応、女性にも男性の20分1程度のテストステロン量が分泌されています。
そのため、男性は女性よりも圧倒的に筋肉が付くスピードが速く、女性は筋肉が付きにくいと言われているのです。

 

また、スポーツでは殆どの競技種目で男性は女性に勝りますがその理由はテストステロンが関係しています。

 

これは中学時代から急に足が速くなったり、力が強くなったりするのもこのテストステロンが急激に増えるお陰なのです。

 

中高生の部活動などでレギュラーで活躍している子はテストステロン値が高い場合が多いです。

 

テストステロンは速筋を成長させ、集中力や判断力などの認知機能を高めるので競技のパフォーマンスに関わってきます。

 

つまり、テストステロン分泌が多い時は少ない時よりもコンディションが良いのです。

 

遺伝子検査のマイコードでは男性ホルモン値(テストステロン量)だけに関わらず様々な体質に関する検査結果を知る事が可能です。

 

身長や体重、持久力に貢献するヘモグロビン値なども測定してくれるのがマイコードヘルスケアです。

 

テストステロン 筋肉,男性ホルモン量 測定,男性ホルモン量 調べる,テストステロン量 調べる,テストステロン量 測定

 

※マイコードヘルスケアで調べられるテストステロンの項目は
テストステロン値とジヒドロステロン値ですが前者は99%の男性が高いと出るので参考にはなりませんが後者は高いタイプ、普通のタイプ、少ないタイプという風に3つのタイプに分かれているので参考になります。
ジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンと言われていますが一般的に悪玉が多ければ善玉も多いと考えて良く、ジヒドロテストステロン値の高い男性はテストステロン値も高いと考えて良いでしょう。

 

テストステロン値が高い場合や低い場合どうすれば良いのか?

 

スポーツに役立てると言ってもただ単にテストステロンの量の多さを知っただけではあまり意味がありません。

 

分析レポートを見て、テストステロンの量が多いと出た場合は筋肉が付き易いタイプだと分かったので筋トレよりもその他の技術面の練習に重きを置いた方が効率良く上達可能ですし少ないと出た場合、その競技種目に必要な分の筋肉量を付ける為の筋肉トレーニングを重点的にやったほうが良いでしょう。

 

また、テストステロンが少ない場合、鬱屈した気分になると言われており、慢性的にそうなっているケースがあります。
その場合、試合の時とかでも良いパフォーマンスが出せないかもしれません。

 

でも少ない事を知っている事によって気分を高揚させる何かを試合前にすれば良いのです。そうすれば試合前の鬱屈した気分を軽減させる事が可能です。

テストステロン 筋肉,男性ホルモン量 測定,男性ホルモン量 調べる,テストステロン量 調べる,テストステロン量 測定